バーチャルオープンキャンパスや防災ルート分析に実写バーチャル空間を有効活用

コロナ禍の中で大きな影響を受けた分野のひとつとして、規模の大小に関わらず学校や、イベントホール、劇場、競技場などがあります。

コンサートや催事、進学説明会など、従来あたりまえのように対面してきたイベントの開催が難しくなり、こうした状況の中で360度のパノラマ展開で撮影したバーチャル空間を回遊できるオンライン化として、VR技術を利用したバーチャルオープンキャンパスの導入が増えています。

「見ればわかる」もっともわかりやすいプロモーションのひとつ….

店舗まるごと実写バーチャル空間化!実店舗と通販の間に体験型デジタル店舗

SkiShopバーチャル空間

そこにしかないお店を、バーチャルな空間にデジタルで実体化して世界中に発信する。

このことは、実店舗のほかにインターネット上に通販サイトをオープンする、ということよりも遥かに充実した「お買いもの体験」を付加価値として提供できる最も新しい技術のひとつとして、コロナ禍の今とアフターコロナ、ウィズコロナにおいて注目を集めています。

「デジタルツイン」という技術分野。これはすでに国や自治体などでも実証実験を進めており、すぐ目前にあるSociety5.0の取り組みの中で活用されていくことが前提とされて….